【八田亨】初窯 小壺(左馬)
【八田亨】初窯 小壺(左馬)
【八田亨】初窯 小壺(左馬)
【八田亨】初窯 小壺(左馬)
【八田亨】初窯 小壺(左馬)
【八田亨】初窯 小壺(左馬)
【八田亨】初窯 小壺(左馬)
【八田亨】初窯 小壺(左馬)
【八田亨】初窯 小壺(左馬)
【八田亨】初窯 小壺(左馬)
【八田亨】初窯 小壺(左馬)
【八田亨】初窯 小壺(左馬)
【八田亨】初窯 小壺(左馬)
【八田亨】初窯 小壺(左馬)
【八田亨】初窯 小壺(左馬)
【八田亨】初窯 小壺(左馬)
【八田亨】初窯 小壺(左馬)
【八田亨】初窯 小壺(左馬)
【八田亨】初窯 小壺(左馬)
【八田亨】初窯 小壺(左馬)
【八田亨】初窯 小壺(左馬)
【八田亨】初窯 小壺(左馬)
【八田亨】初窯 小壺(左馬)
【八田亨】初窯 小壺(左馬)
  • 画像をギャラリービューアに読み込む, 【八田亨】初窯 小壺(左馬)
  • 画像をギャラリービューアに読み込む, 【八田亨】初窯 小壺(左馬)
  • 画像をギャラリービューアに読み込む, 【八田亨】初窯 小壺(左馬)
  • 画像をギャラリービューアに読み込む, 【八田亨】初窯 小壺(左馬)
  • 画像をギャラリービューアに読み込む, 【八田亨】初窯 小壺(左馬)
  • 画像をギャラリービューアに読み込む, 【八田亨】初窯 小壺(左馬)
  • 画像をギャラリービューアに読み込む, 【八田亨】初窯 小壺(左馬)
  • 画像をギャラリービューアに読み込む, 【八田亨】初窯 小壺(左馬)
  • 画像をギャラリービューアに読み込む, 【八田亨】初窯 小壺(左馬)
  • 画像をギャラリービューアに読み込む, 【八田亨】初窯 小壺(左馬)
  • 画像をギャラリービューアに読み込む, 【八田亨】初窯 小壺(左馬)
  • 画像をギャラリービューアに読み込む, 【八田亨】初窯 小壺(左馬)
  • 画像をギャラリービューアに読み込む, 【八田亨】初窯 小壺(左馬)
  • 画像をギャラリービューアに読み込む, 【八田亨】初窯 小壺(左馬)
  • 画像をギャラリービューアに読み込む, 【八田亨】初窯 小壺(左馬)
  • 画像をギャラリービューアに読み込む, 【八田亨】初窯 小壺(左馬)
  • 画像をギャラリービューアに読み込む, 【八田亨】初窯 小壺(左馬)
  • 画像をギャラリービューアに読み込む, 【八田亨】初窯 小壺(左馬)
  • 画像をギャラリービューアに読み込む, 【八田亨】初窯 小壺(左馬)
  • 画像をギャラリービューアに読み込む, 【八田亨】初窯 小壺(左馬)
  • 画像をギャラリービューアに読み込む, 【八田亨】初窯 小壺(左馬)
  • 画像をギャラリービューアに読み込む, 【八田亨】初窯 小壺(左馬)
  • 画像をギャラリービューアに読み込む, 【八田亨】初窯 小壺(左馬)
  • 画像をギャラリービューアに読み込む, 【八田亨】初窯 小壺(左馬)

Home

【八田亨】初窯 小壺(左馬)

通常価格
¥4,400
販売価格
¥4,400
通常価格
SOLD OUT
単価
あたり 
税込

初窯時のみ入れる、馬の字を左向きに書いて縁起を担ぐ「左馬」のうつわ

商品情報 サイズ:口径25~45㎜×φ約50~70㎜×H約60~82㎜
材質:陶器
サイズは作品の平均値です。実際の商品と多少異なる場合がございます。
配送料 本州・四国…1,100円
北海道・九州・沖縄…1,430円
常温便でお届けします。
発送の目安 ご注文確定から3営業日内(土日祝日を除く)に発送致します。
発送元 Discover Japan Lab.(実店舗)
ラッピング ラッピングをご希望の場合は購入商品と同じカートに「ギフトラッピング」をお入れいただき、注文確定画面へお進みください。
在庫について 注文確定後速やかにお品物を確保致しますが、時間差により在庫切れの場合がございます。在庫切れの際はメールにてご連絡の上、キャンセルの処理をさせて頂きます。予めご理解いただきますようお願い申し上げます。
お問い合わせ ご購入に関しては、ご購入前にをご参照ください。お問合せは、こちらのお問い合わせフォームからお願いいたします。配送伝票に記載されているメーカー宛に直接お問い合わせいただてもお答えは出来かねますので予めご了承ください。

<作家のご紹介>八田亨(はった とおる)

1977年、石川県生まれ。2000年、大阪産業大学工学部環境デザイン学科卒業。’03年、陶芸家としての活動を開始。翌’04年、穴窯を築窯する。現在は大阪・富田林市と堺市に工房をもち、’22年4月に2基目となる穴窯を新設。国内外での展覧会を中心に作品を発表する

掲載誌
2022年7月号「沖縄にときめく」

関連記事
《八田亨/くすのき窯》うつわ作家の「初窯」にかける想いとは。