【八田亨】三島手5寸皿※うつわ祥見コラボ企画
【八田亨】三島手5寸皿※うつわ祥見コラボ企画
【八田亨】三島手5寸皿※うつわ祥見コラボ企画
【八田亨】三島手5寸皿※うつわ祥見コラボ企画
【八田亨】三島手5寸皿※うつわ祥見コラボ企画
【八田亨】三島手5寸皿※うつわ祥見コラボ企画
【八田亨】三島手5寸皿※うつわ祥見コラボ企画
【八田亨】三島手5寸皿※うつわ祥見コラボ企画
【八田亨】三島手5寸皿※うつわ祥見コラボ企画
【八田亨】三島手5寸皿※うつわ祥見コラボ企画
【八田亨】三島手5寸皿※うつわ祥見コラボ企画
【八田亨】三島手5寸皿※うつわ祥見コラボ企画
【八田亨】三島手5寸皿※うつわ祥見コラボ企画
【八田亨】三島手5寸皿※うつわ祥見コラボ企画
【八田亨】三島手5寸皿※うつわ祥見コラボ企画
【八田亨】三島手5寸皿※うつわ祥見コラボ企画
  • 画像をギャラリービューアに読み込む, 【八田亨】三島手5寸皿※うつわ祥見コラボ企画
  • 画像をギャラリービューアに読み込む, 【八田亨】三島手5寸皿※うつわ祥見コラボ企画
  • 画像をギャラリービューアに読み込む, 【八田亨】三島手5寸皿※うつわ祥見コラボ企画
  • 画像をギャラリービューアに読み込む, 【八田亨】三島手5寸皿※うつわ祥見コラボ企画
  • 画像をギャラリービューアに読み込む, 【八田亨】三島手5寸皿※うつわ祥見コラボ企画
  • 画像をギャラリービューアに読み込む, 【八田亨】三島手5寸皿※うつわ祥見コラボ企画
  • 画像をギャラリービューアに読み込む, 【八田亨】三島手5寸皿※うつわ祥見コラボ企画
  • 画像をギャラリービューアに読み込む, 【八田亨】三島手5寸皿※うつわ祥見コラボ企画
  • 画像をギャラリービューアに読み込む, 【八田亨】三島手5寸皿※うつわ祥見コラボ企画
  • 画像をギャラリービューアに読み込む, 【八田亨】三島手5寸皿※うつわ祥見コラボ企画
  • 画像をギャラリービューアに読み込む, 【八田亨】三島手5寸皿※うつわ祥見コラボ企画
  • 画像をギャラリービューアに読み込む, 【八田亨】三島手5寸皿※うつわ祥見コラボ企画
  • 画像をギャラリービューアに読み込む, 【八田亨】三島手5寸皿※うつわ祥見コラボ企画
  • 画像をギャラリービューアに読み込む, 【八田亨】三島手5寸皿※うつわ祥見コラボ企画
  • 画像をギャラリービューアに読み込む, 【八田亨】三島手5寸皿※うつわ祥見コラボ企画
  • 画像をギャラリービューアに読み込む, 【八田亨】三島手5寸皿※うつわ祥見コラボ企画

【八田亨】三島手5寸皿※うつわ祥見コラボ企画

通常価格
¥4,950
販売価格
¥4,950
通常価格
SOLD OUT
単価
あたり 
税込

素朴な温かさを食卓に。

縄目のような紋様が特徴的な三島手のうつわ。うつわの表面を彫り、彫った部分に白土を嵌めこんで模様をつける「象嵌(ぞうがん)」という技法が用いられています。土を埋め込むことで模様に奥行きとメリハリが生まれ、染付のうつわなどとはまた違った表情に仕上がります。個性的な紋様からは、時間や空間を超えた “つくり手の気配” が感じられます。手作業ならではの素朴な温かさで、心まで満たされる一枚です。

八田さんのうつわの大きな魅力は、うつわ一枚一枚の「個体差」。艶っぽいもの、土味の強いもの、釉薬の流れ……。ひとつとして同じものはありません。数あるうつわの中から、その時々の自分の感覚にしっくり来る “相棒” を見つけることは、作家もののうつわを選ぶ醍醐味です。

和食にも洋食にも馴染む三島手のうつわは、手持ちの食器と組み合わせながら、幅広いテーブルコーディネートを楽しめます。お食事にはもちろん、ティータイムのお菓子皿としてもおすすめです。

サイズ φ約160㎜×H約30㎜
(サイズ、容量は作品の平均値です。実際の商品と多少異なる場合がございます)
材質

陶器(電子レンジ不可)

配送料 本州・四国…1,100円
北海道・九州・沖縄…1,430円
(常温便)
発送の目安 注文確定から3営業日以内
発送元 Discover Japan lab.(実店舗)
ラッピング 購入希望商品と同じカートに「ギフトラッピング」をお入れいただき、注文確定画面へお進みください。
在庫について 注文確定後速やかにお品物を確保致しますが、時間差により在庫切れの場合がございます。在庫切れの際はメールにてご連絡の上、キャンセルの処理をさせて頂きます。予めご理解いただきますようお願い申し上げます。
お問い合わせ ご購入に関しては、ご購入前にをご参照ください。
お問合せは、こちらのお問い合わせフォームからお願いいたします。配送伝票に記載されているメーカー宛に直接お問い合わせいただてもお答えは出来かねますので予めご了承ください。

〈作家のご紹介〉八田亨(はった・とおる)

1977年、石川県生まれ。大阪産業大学工学部環境デザイン学科卒業後、2003年に独立。現在は、大阪府富田林市にて作陶する。土の味わいを感じさせる作品でありながら、三島手の線彫りなどは軽やかでモダン。和洋問わずさまざまな献立に楽しめる。

関連記事
土から生まれた“うつわ”を人々の生活の中に届ける「八田亨のうつわ」

掲載誌
Discover Japan 2020年4月号「いま改めて知りたいニッポンの美」