ニュース

【お詫びと訂正】Discover Japan 2023年3月号「移住のチカラ!/移住マニュアル...

2023年2月6日に発売致しました「Discover Japan 2023年2月号」におきまして誤りがありました。正しくは以下の通りです。 特集「遊び心にあふれた田村一のうつわ」○P110 上部画像(誤)無農薬水田のもみ殻は、灰にして天草陶石とブレンドして成形。(正)無農薬水田のもみ殻は、灰にして釉薬の材料に。 ○P113 作品名右上の作品名と左上の作品名が誤っておりました。正しくは下記のとおりです。(正)右上作品「マグ mkkr’20」   左上作品「cafe au lait bowl mkkr’20」 読者の皆さまならびに関係各位にご迷惑をお掛けしましたことをお詫びするとともに、ここに訂正させて頂きます。

【お詫びと訂正】Discover Japan 2023年3月号「移住のチカラ!/移住マニュアル...

2023年2月6日に発売致しました「Discover Japan 2023年2月号」におきまして誤りがありました。正しくは以下の通りです。 特集「遊び心にあふれた田村一のうつわ」○P110 上部画像(誤)無農薬水田のもみ殻は、灰にして天草陶石とブレンドして成形。(正)無農薬水田のもみ殻は、灰にして釉薬の材料に。 ○P113 作品名右上の作品名と左上の作品名が誤っておりました。正しくは下記のとおりです。(正)右上作品「マグ mkkr’20」   左上作品「cafe au lait bowl mkkr’20」 読者の皆さまならびに関係各位にご迷惑をお掛けしましたことをお詫びするとともに、ここに訂正させて頂きます。

【お詫びと訂正】Discover Japan 2022年9月号 「ワクワクさせるミュージアム!」

2022年8月5日に発売しました「Discover Japan 2022年9月号」におきまして誤りがございました。正しくは以下の通りです。 P86「燕子花図屏風」の画像(誤) (正) 読者の皆さまならびに関係各位にご迷惑をお掛けしましたことをお詫びするとともに、ここに訂正させて頂きます。

【お詫びと訂正】Discover Japan 2022年9月号 「ワクワクさせるミュージアム!」

2022年8月5日に発売しました「Discover Japan 2022年9月号」におきまして誤りがございました。正しくは以下の通りです。 P86「燕子花図屏風」の画像(誤) (正) 読者の皆さまならびに関係各位にご迷惑をお掛けしましたことをお詫びするとともに、ここに訂正させて頂きます。

【お詫びと訂正】Discover Japan 2022年2月号 「美味しい魚の基本」

2022年1月6日に発売致しました「Discover Japan 2022年2月号」におきまして誤りがありました。正しくは以下の通りです。   ○P100「茶寮宗園」のデータ欄 (誤)かけ流し:○ (正)かけ流し:×   (誤)料金:1泊2食付3万8500円~(税・サ込) (正)料金:1泊2食付4万1950円~(税・サ込)   読者の皆さまならびに関係各位にご迷惑をお掛けしましたことをお詫びするとともに、ここに訂正させて頂きます。

【お詫びと訂正】Discover Japan 2022年2月号 「美味しい魚の基本」

2022年1月6日に発売致しました「Discover Japan 2022年2月号」におきまして誤りがありました。正しくは以下の通りです。   ○P100「茶寮宗園」のデータ欄 (誤)かけ流し:○ (正)かけ流し:×   (誤)料金:1泊2食付3万8500円~(税・サ込) (正)料金:1泊2食付4万1950円~(税・サ込)   読者の皆さまならびに関係各位にご迷惑をお掛けしましたことをお詫びするとともに、ここに訂正させて頂きます。

【お詫びと訂正】Discover Japan 2021年10月号 「秘密の京都? 日本の新定番? 」

2021年9月6日に発売しました「Discover Japan 2021年10月号」におきまして誤りがありました。正しくは以下の通りです。〇P104 老松 北野店 本文 (誤)花街・上七軒の老舗和菓子店(P43)。果実や木の実など菓子の起源に着目して誕生したという山人艸果は、1週間蜜漬けを繰り返した金柑に、ローストした国産クルミにすりこぎ棒で丁寧に突いたすり蜜を付けたひと口サイズのお茶菓子。薄茶のみならずコーヒーやワインにも合うのだとか。さらに夏ミカンの実をくり抜き、果汁と寒天を中に注いだ夏柑糖(1個1430円)は老松の代名詞。固めで爽やかな苦みのある冷菓を心待ちにする人は絶えない。(正)花街・上七軒の老舗和菓子店。山人艸果の「橙糖珠」、「胡桃律」は、ゆっくりと糖度をあげながら蜜漬けにした金柑に、ローストした国産クルミにすり蜜をあしらったひと口サイズのお菓子。お茶はもちろんコーヒーやワインにも合うのだとか。また夏みかんを搾った果汁と寒天を合わせ、くり抜いた皮に注ぎ冷やし固めた夏柑糖(1個1404円)は老松の代名詞。寒天の食感と程よい酸味、ほろ苦さが広がる冷菓を心待ちにする人は絶えない。 〇P104 老松 北野店 掲載商品説明 (誤)原始の「菓子」らしさが伝わる山人艸果(1個195円)。金柑はゆっくりと糖度を上げることで果実の軟らかさを保っているそう (正)菓子の起源とされる果実や木の実に着目した山人艸果(1個195円、6個入り1296円)。金柑はゆっくり糖度を上げることで果実の柔らかさを保つそう 読者の皆さまならびに関係各位にご迷惑をお掛けしましたことをお詫びするとともに、ここに訂正させて頂きます。

【お詫びと訂正】Discover Japan 2021年10月号 「秘密の京都? 日本の新定番? 」

2021年9月6日に発売しました「Discover Japan 2021年10月号」におきまして誤りがありました。正しくは以下の通りです。〇P104 老松 北野店 本文 (誤)花街・上七軒の老舗和菓子店(P43)。果実や木の実など菓子の起源に着目して誕生したという山人艸果は、1週間蜜漬けを繰り返した金柑に、ローストした国産クルミにすりこぎ棒で丁寧に突いたすり蜜を付けたひと口サイズのお茶菓子。薄茶のみならずコーヒーやワインにも合うのだとか。さらに夏ミカンの実をくり抜き、果汁と寒天を中に注いだ夏柑糖(1個1430円)は老松の代名詞。固めで爽やかな苦みのある冷菓を心待ちにする人は絶えない。(正)花街・上七軒の老舗和菓子店。山人艸果の「橙糖珠」、「胡桃律」は、ゆっくりと糖度をあげながら蜜漬けにした金柑に、ローストした国産クルミにすり蜜をあしらったひと口サイズのお菓子。お茶はもちろんコーヒーやワインにも合うのだとか。また夏みかんを搾った果汁と寒天を合わせ、くり抜いた皮に注ぎ冷やし固めた夏柑糖(1個1404円)は老松の代名詞。寒天の食感と程よい酸味、ほろ苦さが広がる冷菓を心待ちにする人は絶えない。 〇P104 老松 北野店 掲載商品説明 (誤)原始の「菓子」らしさが伝わる山人艸果(1個195円)。金柑はゆっくりと糖度を上げることで果実の軟らかさを保っているそう (正)菓子の起源とされる果実や木の実に着目した山人艸果(1個195円、6個入り1296円)。金柑はゆっくり糖度を上げることで果実の柔らかさを保つそう 読者の皆さまならびに関係各位にご迷惑をお掛けしましたことをお詫びするとともに、ここに訂正させて頂きます。

【お詫びと訂正】 Discover Japan 2021年3月号 「ワーケーションが生き方を変...

2020年2月5日(金)に発売致しました「Discover Japan2021年3月号」におきまして誤りがありました。正しくは以下の通りです。   P119「駅、街をつなぐ“渋谷サイン”プロジェクト」のクレジット (誤)日本サインデザイン大賞・経済デザイン大賞・経済産業大臣賞(正)日本サインデザイン大賞・経済産業大臣賞   P151「奈良県立大学」の教育に関する説明(左上キャプション) (誤)十津川村河瀬地区(正)十津川村谷瀬地区   読者の皆さまならびに関係各位にご迷惑をお掛けしましたことをお詫びするとともに、ここに訂正させて頂きます。

【お詫びと訂正】 Discover Japan 2021年3月号 「ワーケーションが生き方を変...

2020年2月5日(金)に発売致しました「Discover Japan2021年3月号」におきまして誤りがありました。正しくは以下の通りです。   P119「駅、街をつなぐ“渋谷サイン”プロジェクト」のクレジット (誤)日本サインデザイン大賞・経済デザイン大賞・経済産業大臣賞(正)日本サインデザイン大賞・経済産業大臣賞   P151「奈良県立大学」の教育に関する説明(左上キャプション) (誤)十津川村河瀬地区(正)十津川村谷瀬地区   読者の皆さまならびに関係各位にご迷惑をお掛けしましたことをお詫びするとともに、ここに訂正させて頂きます。

【お詫びと訂正】 Discover Japan 2021年1月号 「温泉と酒。」

2020年12月4日(金)に発売致しました「Discover Japan2021年1月号」におきまして誤りがありました。正しくは以下の通りです。   P009「謳う建築」のクレジット 右の作品 (誤)堀部安嗣「我孫子の家」©瀬尾憲司 (正)能作文徳・常山未央「西大井のあな」模型 ©Ivan Bonev 左の作品 (誤)能作文徳「西大井のあな」模型 ©Ivan Bo (正)堀部安嗣「我孫子の家」©瀬尾憲司   読者の皆さまならびに関係各位にご迷惑をお掛けしましたことをお詫びするとともに、ここに訂正させて頂きます。

【お詫びと訂正】 Discover Japan 2021年1月号 「温泉と酒。」

2020年12月4日(金)に発売致しました「Discover Japan2021年1月号」におきまして誤りがありました。正しくは以下の通りです。   P009「謳う建築」のクレジット 右の作品 (誤)堀部安嗣「我孫子の家」©瀬尾憲司 (正)能作文徳・常山未央「西大井のあな」模型 ©Ivan Bonev 左の作品 (誤)能作文徳「西大井のあな」模型 ©Ivan Bo (正)堀部安嗣「我孫子の家」©瀬尾憲司   読者の皆さまならびに関係各位にご迷惑をお掛けしましたことをお詫びするとともに、ここに訂正させて頂きます。