【若林佛具製作所】BONTOU Chochin(ぼんとう ちょうちん)
【若林佛具製作所】BONTOU Chochin(ぼんとう ちょうちん)
【若林佛具製作所】BONTOU Chochin(ぼんとう ちょうちん)
【若林佛具製作所】BONTOU Chochin(ぼんとう ちょうちん)
【若林佛具製作所】BONTOU Chochin(ぼんとう ちょうちん)
【若林佛具製作所】BONTOU Chochin(ぼんとう ちょうちん)
【若林佛具製作所】BONTOU Chochin(ぼんとう ちょうちん)
【若林佛具製作所】BONTOU Chochin(ぼんとう ちょうちん)
  • 画像をギャラリービューアに読み込む, 【若林佛具製作所】BONTOU Chochin(ぼんとう ちょうちん)
  • 画像をギャラリービューアに読み込む, 【若林佛具製作所】BONTOU Chochin(ぼんとう ちょうちん)
  • 画像をギャラリービューアに読み込む, 【若林佛具製作所】BONTOU Chochin(ぼんとう ちょうちん)
  • 画像をギャラリービューアに読み込む, 【若林佛具製作所】BONTOU Chochin(ぼんとう ちょうちん)
  • 画像をギャラリービューアに読み込む, 【若林佛具製作所】BONTOU Chochin(ぼんとう ちょうちん)
  • 画像をギャラリービューアに読み込む, 【若林佛具製作所】BONTOU Chochin(ぼんとう ちょうちん)
  • 画像をギャラリービューアに読み込む, 【若林佛具製作所】BONTOU Chochin(ぼんとう ちょうちん)
  • 画像をギャラリービューアに読み込む, 【若林佛具製作所】BONTOU Chochin(ぼんとう ちょうちん)

Home

【若林佛具製作所】BONTOU Chochin(ぼんとう ちょうちん)

通常価格
¥27,500
販売価格
¥27,500
通常価格
SOLD OUT
単価
あたり 
税込

盆提灯のニュースタンダード

原嶋亮輔氏デザインによる盆提灯「BONTOU」シリーズは、先祖に想いを馳せる時間を穏やかに照らす盆提灯。

伝統的な様式や従来型のお仏壇はもちろん、モダンなデザインのお仏壇にも合わせることができ、リビング など現代の生活シーンに溶け込むインテリアとしての盆提灯を提案したい。その想いから、「BONTOU Chochin」は誕生しました。

伝統的な提灯としての要素は残しながらも、モダンで美しい形状です。この形状を際立たせる火袋は、職人技術 がひかる繊細な仕上がりです。

シンプルなデザインなので、お部屋のスタイルを選ばず ⻑くお使いいただくことが可能です。家族が毎年集まる時間の中心に置き、お盆の思い出を積み重ねていただければと思います。

商品情報 【サイズ】φ200㎜×H685㎜
【重量】約632g
【材質】
金属:スチール
火袋:紙張り
台座(木部):センノキ
コードタイプ(中間スイッチ付き)
【その他】コード式、フロスト電球
配送料 本州・四国:1980円
北海道・九州:2420円
沖縄:3080円
常温便でお届けします。
発送の目安 ご注文確定からご注文後5営業日以内に発送(土日祝・夏季冬季休業期間を除く)致します。
発送元 本商品はメーカー様よりお客様に直接配送される商品です。
ラッピング 不可
注意事項 原則として商品に欠陥がない場合はご返品や交換、ご返金はお受けいたしません。お届けした商品が、注文した物と違う・破損していた場合には、お手数ですが商品到着後14日間以内にご連絡をお願いいたします。
在庫について 注文確定後速やかにお品物を確保致しますが、時間差により在庫切れの場合がございます。在庫切れの際はメールにてご連絡の上、キャンセルの処理をさせて頂きます。予めご理解いただきますようお願い申し上げます。
お問い合わせ ご購入に関しては、ご購入前にをご参照ください。お問合せは、こちらのお問い合わせフォームからお願いいたします。配送伝票に記載されているメーカー宛に直接お問い合わせいただてもお答えは出来かねますので予めご了承ください。

 

<メーカーのご紹介>株式会社若林佛具製作所(わかばやしぶつぐせいさくじょ)

天保元年(1830年)に京都で創業した仏壇・仏具メーカー。京都における職人の工芸は数多くの分業から成り立ち、数多くの職人と共に、寺院用仏具から内装工事・家庭用仏壇の製作を行っている。近年では、これまで積み重ねてきた技術を活かし、全国の国宝・重要文化財等歴史的建造物の修理も手掛けている。

デザイナー・アーティスト・⼯芸ディレクター
原嶋亮輔(はらしま・りょうすけ)
1980年⽣まれ 。北陸・⾦沢を拠点にするデザイン事務所root design officeを主催。2003年Parsons School of Design, NYファニチャーデザイン科修学。デザイン事務所、企画会社での経験を経て現在に⾄る。⼯芸職⼈や⼯業メーカーと協同し、さまざまな素材や⼿法を組み合わせたデザインを得意とする。コンテンポラリーデザイン領域で、SOMEWHERE TOKYO(東京)やMICHEKO GALERIE(ドイツ)でアーティストとしての作品発表も精⼒的に⾏う。2022年より⾦沢市・クラフトビジネス創造機構の⼯芸ディレクターとして⼯芸作家のサポートとビジネス活性化に関わる。
https://ryosukeharashima.com/profile/