[受注生産]【渋草柳造窯】GAS MASK VASE - SEMI HAND MADE [2021年10月末〜11月頃納品予定]
[受注生産]【渋草柳造窯】GAS MASK VASE - SEMI HAND MADE [2021年10月末〜11月頃納品予定]
[受注生産]【渋草柳造窯】GAS MASK VASE - SEMI HAND MADE [2021年10月末〜11月頃納品予定]
[受注生産]【渋草柳造窯】GAS MASK VASE - SEMI HAND MADE [2021年10月末〜11月頃納品予定]
[受注生産]【渋草柳造窯】GAS MASK VASE - SEMI HAND MADE [2021年10月末〜11月頃納品予定]
[受注生産]【渋草柳造窯】GAS MASK VASE - SEMI HAND MADE [2021年10月末〜11月頃納品予定]
  • 画像をギャラリービューアに読み込む, [受注生産]【渋草柳造窯】GAS MASK VASE - SEMI HAND MADE [2021年10月末〜11月頃納品予定]
  • 画像をギャラリービューアに読み込む, [受注生産]【渋草柳造窯】GAS MASK VASE - SEMI HAND MADE [2021年10月末〜11月頃納品予定]
  • 画像をギャラリービューアに読み込む, [受注生産]【渋草柳造窯】GAS MASK VASE - SEMI HAND MADE [2021年10月末〜11月頃納品予定]
  • 画像をギャラリービューアに読み込む, [受注生産]【渋草柳造窯】GAS MASK VASE - SEMI HAND MADE [2021年10月末〜11月頃納品予定]
  • 画像をギャラリービューアに読み込む, [受注生産]【渋草柳造窯】GAS MASK VASE - SEMI HAND MADE [2021年10月末〜11月頃納品予定]
  • 画像をギャラリービューアに読み込む, [受注生産]【渋草柳造窯】GAS MASK VASE - SEMI HAND MADE [2021年10月末〜11月頃納品予定]

[受注生産]【渋草柳造窯】GAS MASK VASE - SEMI HAND MADE [2021年10月末〜11月頃納品予定]

通常価格
¥231,000
販売価格
¥231,000
通常価格
SOLD OUT
単価
あたり 
税込

メンズアパレルブランドと老舗窯元がタッグを組むアートプロジェクト。第一弾はガスマスクの「花瓶」

2020年秋冬シーズンに日本とフランスのものづくりを背景にアパレルの展開をスタートしたメンズブランド「TENEO」と、飛騨高山にて1841年創業の窯元、渋草柳造窯 七代渋草柳造氏。そんな二組がタッグを組み、 伝統工芸を現代の生活の中に溶け込ませアートへの進化を目指すアートプロジェクト第一弾を発表。

『伝統工芸を、これからの生活の中で自然に使用できるアートピースに。』をメインテーマにスタートしたこのプロジェクトの第一弾は、COVID-19によって今まで以上に大きく変化する時代の流れの中での伝統工芸の新しいカタチの具現化を目的に企画。

不安感や恐怖心などネガティブなイメージが連想されやすいガスマスクをパンデミック渦の過去の象徴として敢えて、デザインベースに採用。相反する安心感や癒しなどのポジティブなイメージを持つ植物や生花を未来の象徴として植えこむ/生けることで、2020の大きな混乱と困難を忘れることなく、前を向いて行こうと言うメッセージを込めています。

ものづくりの街高山の伝統を受け継ぐ七代渋草柳造氏の代名詞でもある高い造形力を余すことなく投入し、複数の型を駆使して制作したのちに手作業で細部を仕上げたセミハンドメイドの花瓶です。

商品情報 サイズ:横 24cm×縦(奥行き) 30cm×高さ 26cm
重量:2.6kg (本体重量)
素材:陶磁器
配送料 送料無料
発送の目安

この商品は受注生産商品です。
2021年10月末〜11月頭頃の納品を予定しております。

発送元 本商品はメーカー様よりお客様に直接配送される商品です。
ラッピング 不可
在庫について 注文確定後速やかにお品物を確保致しますが、時間差により在庫切れの場合がございます。在庫切れの際はメールにてご連絡の上、キャンセルの処理をさせて頂きます。予めご理解いただきますようお願い申し上げます。
お問い合わせ ご購入に関しては、ご購入前にをご参照ください。お問合せは、こちらのお問い合わせフォームからお願いいたします。配送伝票に記載されているメーカー宛に直接お問い合わせいただてもお答えは出来かねますので予めご了承ください。

<メーカーのご紹介>渋草柳造窯

1841年、江戸末期に尾張からろくろ師、九谷から絵付師を招き高山の渋草(現岡本町)で御用窯として開窯した渋草焼。渋草柳造窯は、現在では2窯のみが残る渋草焼の伝統ある窯元。多くの窯元が特定の柄や作風を形式や様式として継承する中、「伝承は衰退、伝統は革新の連続」をモットーとして、各代ごとにアップデートしたものづくりをしている。