【圡楽窯】口付黒鍋
【圡楽窯】口付黒鍋
【圡楽窯】口付黒鍋
【圡楽窯】口付黒鍋
【圡楽窯】口付黒鍋
【圡楽窯】口付黒鍋
【圡楽窯】口付黒鍋
【圡楽窯】口付黒鍋
  • 画像をギャラリービューアに読み込む, 【圡楽窯】口付黒鍋
  • 画像をギャラリービューアに読み込む, 【圡楽窯】口付黒鍋
  • 画像をギャラリービューアに読み込む, 【圡楽窯】口付黒鍋
  • 画像をギャラリービューアに読み込む, 【圡楽窯】口付黒鍋
  • 画像をギャラリービューアに読み込む, 【圡楽窯】口付黒鍋
  • 画像をギャラリービューアに読み込む, 【圡楽窯】口付黒鍋
  • 画像をギャラリービューアに読み込む, 【圡楽窯】口付黒鍋
  • 画像をギャラリービューアに読み込む, 【圡楽窯】口付黒鍋

Home > 商品カテゴリー覧 > 季節商品 >

【圡楽窯】口付黒鍋

通常価格
¥11,000
販売価格
¥11,000
通常価格
SOLD OUT
単価
あたり 
税込 配送料は購入手続き時に計算されます。

「煮込む」「炊く」「炒める」そして「焼く」……一年を通して活躍してくれる、一生モノの土鍋です。

圡楽の土鍋は、キッチンでも食卓でも映える
圡楽の土鍋は、キッチンでも食卓でも映える

「土鍋」といえば冬にしか使わないイメージのある方も多いはず。ですが、実は多様な使い方ができる非常に便利な調理道具です。伊賀焼窯元「土楽(圡楽・どらく)」の土鍋は耐火性に優れ、冬場の定番・鍋ものはもちろん「煮込む」「炒める」「蒸す」……といったさまざまな調理に対応しています。

土鍋を日常の料理で使う、という作り手からの提案。

圡楽窯 口付黒鍋 グラタン
オーブンも可なので、グラタンもお手の物
圡楽窯 口付黒鍋 抹茶蒸しパン
抹茶蒸しパンもふんわりと蒸し上がる

「土楽(圡楽・どらく)」の8代目当主である福森道歩さんは、土鍋を日常の料理で使うことを提案しています。グラタン、蒸しパンなど、「これも土鍋で作れるんだ!」という発見のある料理の数々。作り手さん自ら教えてくださるレシピだから、安心して挑戦できます。▶︎ 圡楽 福森道歩さん考案の土鍋レシピ掲載、Discover Japan 2020年12月号はこちらからお求めください!

圡楽 福森道歩さん
伊賀焼窯元「圡楽」8代目当主福森道歩さん

伊賀焼窯元「圡楽」8代目当主福森道歩さんは「1年中使える土鍋」を提案するために、料理本を出すなど料理家としての活動も行っています。圡楽窯について詳しくはこちらの記事もどうぞ。▶︎ 愛され続けて40年!一生モノの 答えを求めて「圡楽窯」 へ。
 

 

引用元記事:伊賀焼窯元「土楽」の土鍋の魅力
掲載雑誌:Discover Japan2020年12月号
photo: Shimpei Fukazawa

商品について

サイズ 7寸φ210×H110㎜
8寸φ250×H140㎜
9寸φ280×H155㎜
材質

陶器※オーブン、直火対応

ご使用上の注意

直火で使用する場合は、はじめに目止めを行ってください。

目止めとは:手づくりの土鍋を購入したら、はじめに目止め(めどめ)というおかゆを炊く作業を行います。 手づくり土鍋の土の中は粒子と粒子の間に気泡があり、土鍋に火をかけることで土鍋自体が膨張し、気泡と気泡がつながり小さなヒビが生まれます。 このヒビの存在により土鍋は火にかけて膨張しても割れずに使うことができるのですが このヒビは空気や水を通して、時にはモレとなる場合があるので おかゆや小麦粉のでんぷん質を利用してヒビを埋めます。

鍋底とガスコンロが近すぎると、同じ個所に火が強く当たり焦げてしまうことも。そんな時は焼き網を1枚挟むと良いです。

こちらでもっと詳しく紹介しています。
関連記事:土鍋の上手な育て方

配送料 本州・四国…1,100円
北海道・九州・沖縄…1,430円
(常温便)
発送の目安 注文確定から3営業日以内(土日祝日を除く)
発送元 Discover Japan lab.(実店舗)
ラッピング 購入希望商品と同じカートに「ギフトラッピング」をお入れいただき、注文確定画面へお進みください。
在庫について 注文確定後速やかにお品物を確保致しますが、時間差により在庫切れの場合がございます。在庫切れの際はメールにてご連絡の上、キャンセルの処理をさせて頂きます。予めご理解いただきますようお願い申し上げます。
お問い合わせ ご購入に関しては、ご購入前にをご参照ください。
お問合せは、こちらのお問い合わせフォームからお願いいたします。配送伝票に記載されているメーカー宛に直接お問い合わせいただてもお答えは出来かねますので予めご了承ください。

〈窯元のご紹介〉圡楽窯
圡楽窯は、三重県伊賀市丸柱の地で江戸時代から続く窯元。圡楽窯では、熟練の職人がろくろを回し、時間をかけて、手びねりで作陶されています。

機械で作るかたちが均一な土鍋と違い、ひとつひとつゆがみや焼き色が違い、「一点もの」の土鍋ができあがります。 "食べるための器"として作られた圡楽の土鍋は美しく、食卓にもそのままうつわとして活躍します。料理が映える黒釉は、圡楽窯で独自に研究されたオリジナルです。

関連記事
愛され続けて40年!一生モノの 答えを求めて「圡楽窯」 へ。

掲載誌
Discover Japan 2019年12月号「人生を変えるモノ選び。」