コレクション: ひやおろし

そもそもひやおろしとは?

秋の足音が近づくと、酒蔵がこぞって発売するのが「ひやおろし」という日本酒だ。ひやおろしとは、冬に仕込んだ酒に火入れという保存性を高める加熱殺菌を施し、そのまま秋まで熟成させて冷や(常温)のままタンクからおろして瓶詰めされた酒のことである。通常、火入れは酒を搾った後と、瓶詰め前あるいは瓶詰め後の二度行うが、ひやおろしは最初の一度だけに限定するため、「生詰め」に分類される。(最後だけ火入れをした酒は生貯蔵酒と呼ぶ)

しかし近年は、酒蔵の設備が向上したために、火入れをした後に常温ではなく冷蔵庫で熟成するなど、前述のひやおろしの定義に当てはまらない酒も多く、それぞれの酒蔵が考える秋の酒を、ひとくくりにしてひやおろし、あるいは「秋あがり」と名づけることが一般的になっている。また、ここ数年はファッションを先取りするように、まだ暑さ厳しい8月辺りからひやおろしを発売する蔵もあり、秋を象徴する日本酒として各蔵の商戦が目立ってきている。

いずれにせよ、ひやおろしは、しぼりたての酒をじっくり熟成させるので新酒に比べると円熟味があり、まろやかで落ち着いた味わいなのが特徴。どちらかというと常温や燗に向くような酒質が多く、秋刀魚やキノコなどを使った料理など秋の味覚とすばらしく合う。秋の夜長に、ゆっくりちびちびと飲むことをおすすめしたい。

4個の商品
  • 【赤武酒造】
    AKABU 純米ひやおろし
    通常価格
    ¥1,430
    販売価格
    ¥1,430
    通常価格
    単価
    あたり 
    SOLD OUT
  • 【美吉野醸造】
    花巴 山廃純米 原酒2019BY
    通常価格
    ¥1,650
    販売価格
    ¥1,650
    通常価格
    単価
    あたり 
    SOLD OUT
  • 【常山酒造】
    常山 純米吟醸 ひやおろし
    通常価格
    ¥1,870
    販売価格
    ¥1,870
    通常価格
    単価
    あたり 
    SOLD OUT
  • 【板倉酒造】
    天穏 秋ひやおろし 純米生詰原酒
    通常価格
    ¥1,485
    販売価格
    ¥1,485
    通常価格
    単価
    あたり 
    SOLD OUT